ホーム >お知らせ > 【たかが歯されど歯】〜歯周病と全身疾患の関係〜

鈴木歯科クリニック 03-3785-7764 10:00~13:00 15:00~21:00 休診日:水曜・日曜・祭日
一般歯科
歯周病
入れ歯
審美
ホワイトニング
口腔外科
料金表
BLOG ブログ
  • 【たかが歯されど歯】〜歯周病と全身疾患の関係〜

    歯周病は進行すると歯を失うことになるため、それだけでも十分怖い病気です。
    しかし、歯周病の怖さは実はそれだけでなく、命に関わるような全身の病気と深い関わり合いがあることです。
    例えば次のような病気との関連が報告されています。

    ■心臓疾患・脳梗塞

    血菅の中に入り込んだ歯周病原菌の影響により血管の中に血栓を作りやすくなって、
    それが元で心筋梗塞や狭心症のような心臓疾患、そして脳梗塞を起こしやすくなります。

    ■糖尿病

    糖尿病と歯周病との関連は深く、糖尿病の人は歯周病が重症化しやすいと同時に、
    歯周病が原因で糖尿病を起こしやすくなることも最近わかってきました。
    実際、歯周病の治療を行うと血糖値が安定するということが多く報告されています。

    ■誤嚥性肺炎

    老化現象により反射機能が落ちると、唾液と一緒に口の中の歯周病菌が肺の中へ入り込んでしまい、
    肺炎を起こして危険な状態になることがあります。

    ■早産・低体重児出産

    重度の歯周病にかかっている妊婦は早産や低体重児出産を起こしやすくなることがわかっています。
    その危険度はタバコやアルコールによる危険よりも高いとされています。

    ■消化器系疾患

    歯周病菌の中はピロリ菌と共通する抗原を持っているものがあり、
    胃炎や、胃潰瘍、胃がんの原因となる可能性があると言われています。

    ■関節リウマチ

    歯周病菌が関節の内部へ入り込み、炎症を起こして関節リウマチを引き起こす可能性が示唆されています。

    x

    PAGE TOP